ミャンマーでは同性愛は違法

クリックすると新しいウィンドウで開きます2013年にミャンマー第2の都市マンダレーで、複数の警察官に女性のトランスジェンダー達が逮捕され、彼女らは公衆の面前で衣服を脱いで全裸になるよう強要され、最寄りの警察署へ連行されて「繰り返し殴る、蹴るの暴行を受けた」とテレグラフ紙が報じた。

「その後、彼女たちは全裸のまま、街中を歩かされ、写真を撮られ、蛙のように跳びはねさせされ、警察官に靴磨きを強要され、性生活に関する屈辱的な質問に答えさせられた」というのだ。

この事件について、ミャンマー警察の広報は警察官らは公務中であり、トランスジェンダーたちが集まるのを防ごうとしたなどと発表。

ミャンマーのLGBT団体カラーズ・レインボーのフラ・マイアット・トゥン氏は、

「差別を国家が後押ししていることが、同性愛を法律で禁じるミャンマーのLGBTコミュニティにとって重大な問題だ」と話す。

2015年の初めミャンマーでは、マンダレーの国境警備大臣ミィン・チュー氏が

「同性愛者やトランスジェンダーの人に対して、先導的で差別的、かつ間違った発言をした」と人権団体から非難を浴びたことがある。

チュー氏は8月の議会での討論で、政府は同性愛者を「繰り返し警察署に拘留させているが、彼らを教育する努力を怠っている」と話している。

マレーシアと同様に、旧イギリス領のミャンマーには同性同士の性交渉などを禁じる刑法第377条がある。違反すると、懲役10年から終身刑までの刑に処される(人権活動家のアウン・サン・スー・チー氏は過去に刑法第377条の撤廃を求めたことがある)。

軍事政権の支配下に1962年から2011年まであったミャンマーは、国際社会から民主改革が起きるまで、のけ者扱いされていた。民主改革後は政治的な自由が広がり、諸外国との関係改善が進んでいる。

改革後、LGBTコミュニティも「広く知られるようになった」が、未だに差別扱いをされているとトゥン氏は語る。

「LGBTの人達は、自分がLGBTであることをオープンにしようとしない。性的な自由を求めて闘う、ふしだらなグループだと思われるからです」

 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。