アフリカの34カ国では「同性愛=犯罪」

2015102101

「自分らしい性を生きる LGBTIの『私』が命をかける理由」と題された講演会が10月17日、東京・渋谷の青山学院大学でおこなわれた。

主催したのはアムネスティ・インターナショナル日本。

アメリカやヨーロッパでは同性愛を法的にも認める国が増えているが、アフリカでは違法どころか、犯罪として罰せられることも起こっているという。

アムネスティの調べでは、アフリカの34カ国が法律で「同性愛」を犯罪と定めており、一部の国や地域では同性愛を理由に死刑に処せられる可能性もあるという。

日本では同性婚は認められていないが、この日本人の感覚からしても、死刑になるとは理解に苦しむものだ。
南アフリカでは、2006年に同性婚が認められていて、法律の整備は進みつつある。

しかし、市民の間には未だ根強い偏見があり、同性愛を嫌悪するヘイトスピーチや、「矯正レイプ」と呼ばれる、同性愛を「矯正」しようとするための強姦がおこなわれることもあるという。

矯正するという目的を正義にして、犯罪が行われているのだ。

アフリカでは、まだまだ、自由や差別をなくすことが厳しい環境に置かれているのである。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。