アフリカの同性愛と性差別の現状

・各国に根強く残るLGBT差別

2015年は、「LGBT」(※1)の権利に纏わる様々の進歩的なnewsが、世界を駆け巡った年になりました。そんな中でも、6月にアメリカの連邦最高裁判所が、同性婚を合憲と認める判断を下し世界中から注目されました。日本でも4月に渋谷区で、同性カップルを結婚に値する関係と認める、「同性パートナーシップ条例」が施行など、LGBTの権利向上を期待できる動きが出てきています。

一方で、世界に目を向けると、LGBTに寛容的でない国と地域も依然として存在する。特にアフリカでは、現在34カ国が同性愛を法律で禁止しており、スーダンやナイジェリア北部などでは、死刑になる可能性があります。また、市民の同性愛忌み嫌う風土も根強く、LGBTをターゲットにした犯罪(ヘイトクライム)も多発している。レズビアンやトランスジェンダーの女性の性的指向や性自認の「矯正」を理由にしたレイプ被害も深刻化しています。

2012年にはジンバブエのムガベ現大統領が、同性愛者に対し「犬や豚にも劣る」ととんでも発言し波紋が広がった。そうしたなか、弾圧の危険にさらされながらも、同性愛憎悪が引き金となる犯罪の撤廃や、差別的な法律の改法を目指し、活動する人達がいます。その一人が、現在南アフリカを拠点にする活動家、ファドツァイ・ミュパルツァ氏。女性として生まれ、自らの性的指向と性自認を「クィア」(※2)とするファドツァイ氏から見た、アフリカの同性愛、そして性差別の現状について語る講演会が、国際人権団体アムネスティ日本の主催で10月17日に開催されました。

(※1)レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーといったセクシュアル・マイノリティの総称。「LGBT」のほかにもインターセックス(性染色体や生殖器の形態等が典型的な性別と断定しにくい人)を含め、「LGBTI」と表現されることもある。
(※2)多数派とみなされる性の規範からはずれる人。略称は「Q」。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。