同性パートナーと生命保険の付き合い方

特殊案件99

 
世界での変化と共に、日本でも渋谷区で同性パートナー証明書の申請がはじまりましたよね。
第1号の申請者となった女性カップルがマスコミに大きく取り上げられたことはあなたもご存知なのではないでしょうか。
このきぞを読んでくださっている人の中にも、もしかするとすでに申請をしている人がいるのかもしれませんね。
そしたら、今回の保険についても早いうちに知っておくことをオススメさせていただきます。
 
生命保険はどうしているのかとなった時に、11月4日から新たなサービスがスタートする。
「同性パートナー」も生命保険の保険金受取人として指定することができるようになりました。
これは大きな進歩だと私は思います。
今までの保険においても、一定条件などこまかいルールのもとに指定されていましたがそれが大きく改定されたことはあなたにとっても大きなこととなることでしょう。
 
もしものことが起きて欲しくないのは人間であれば誰しも思うことですよね。
そりゃ突然の死など受け入れることなど到底出来ませんからね。
寿命でなくなると分かっていたとしても、いざなくなってしまうとその悲しみは耐えられないものですよね。
 
そんなもしもの時のために入っておくのが保険ですよね。
その保険が同性の人だけお金がおりないなどおかしな話でしたが
今回をきっかけにあらゆるほかのサービスも同性愛者にとって助かるものがでてくることを期待しています。 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。