中島と菅田は「ゲイカップル並みに仲が良かった」

特殊案件104

 

 
第28回東京国際映画祭でHeySeyJUNPの中島が初主演を務めた
「ピンクとグレー」の上映とティーチインが行われた。
 
劇中で中島のプロモーションビデオを撮るシーンのエピソードを披露
「本当にアイドルってすごいんです!それを実感できました。ものの15分くらいでしたが、キメキメで踊れるんです。あれはプロじゃないとできないです。」
中島と共演した菅田について「すごく優れた俳優。中島君はそんな彼と五分でやれるし、お互いにすごくリスペクトしているんです。お前ら、ゲイカップルかというくらい2人でベタベタしていた。それくらい仲がいい。その関係性がうまく作れたことが良かった」と笑顔を見せた。
 
あなたも、俳優ではなくても仲のよい人が1人でもいるでしょうか。
たとえゲイとしても友達ではなかったとしてもこのようになんでも話し合えたり一緒にいるだけで相手の考えていることがわかったりできたらものすごくいいですよね。
嘘をつかれたとしてもそれがすぐにわかってしまったりしたらあまりおもしろくなくなってしまうかもしれませんね。w
 
それとは逆に相手の気持ちをわからなくても、仲良く生きていくことができるのであれば、それはそれでいいのではないのかと思います。
むしろその方がパートナーと仲良く長く生きてるいけると私は思います。
 
自分を大切にするという気持ちをもちつつ、パートナーの気持ちも大切にしていきながら相手を尊重することができていけば人としての人生も楽しいものになっていくと思いますよ。 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。